MEIYARS放送局短信

MEIYARS放送局のブログ。活動状況やその他雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏目友人帳 第二話

友人帳の名前を返そうと決意した夏目のところには、友人帳目当てで二種類の妖怪が訪れるようになっていた。
名前を書かれた妖怪を子分にしようとする妖怪と、名前を返してもらおうという妖怪。

そんな中、露神という妖怪が名前を返して欲しいとやってくる。
早速名前を返そうとする夏目。
が、露神の名前を書いた頁が次の頁とくっついてしまっていて、名前を返すことができない。
そこで、次の頁に名前を書かれた妖怪と一緒に返せばいいじゃないか、ということになり、その妖怪を探すことに。

両者に名前を返してめでたしめでたし、というところだが、それはそれ。
露神とハナさんのエピソードですよ、今回の肝は。
露神を信仰した最後の一人、ハナさんと、ハナさんが死んだ後に消えてゆく露神。
まことに切ない。
下手に妖怪退治とかバトルとかにしないで、こういう心にくるエピソードを毎回期待したいものです。

あと気にかかったのは、冒頭でやってた旧校舎利用の署名。
いずれ、旧校舎で肝試しをやる回があり、そこから笹田さんが巻き込まれていくと読んでいるんだが、どうだろう?

(MEIYA)

テーマ:夏目友人帳 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/16(水) 03:32:41|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:6
  4. | コメント:0
<<我が家のお稲荷さま。 第15話 | ホーム | Radio MEIYARS 第3回UP>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://meiyarsbc.blog95.fc2.com/tb.php/49-9c86725b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夏目友人帳 第2話「露神の祠」

夏目友人帳の第2話を見ました。第2話 露神の祠夏目は自称用心棒の妖・ニャンコ先生とともに、友人帳に記された妖の名前を持ち主に返すことを決めた。その行為は今は亡き祖母に対し、服従の定めを負う妖を解き放つものであった。「夏目、ちょい待ち」「これに名前書いてく...
  1. 2008/07/16(水) 12:28:30 |
  2. MAGI☆の日記

夏目友人帳 第2話 「露神の祠」

旧校舎でキモ試し? 委員長たちはそんなことを計画中。 リアルで妖怪の見える夏目には、間に合ってますって感じだけど(笑) でもって夏目...
  1. 2008/07/16(水) 20:18:59 |
  2. SeRa@らくblog

(アニメ感想) 夏目友人帳 第2話 「露神の祠」

夏目友人帳 3 (3) (花とゆめCOMICS) 祖母レイコの遺品「友人帳」を手にした夏目は、用心棒である妖「ニャンコ先生」の力を借り、妖たちに名前を返していくことを決める。そんな夏目の前に、名前を返してほしいと現れた小さな妖「露神」。名前の返還に応じようと友人帳?...
  1. 2008/07/16(水) 21:36:22 |
  2. ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

夏目友人帳 第2話 「露神の祠」

前回同様、涙を流しそうなお話でした。
  1. 2008/07/16(水) 22:01:14 |
  2. Shooting Stars☆

夏目友人帳 第2話『露神の祠』

またしても泣かされた、ジンワリと。 こういう涙は嫌いじゃないデスが、毎回泣くのか、自分よ。
  1. 2008/07/17(木) 01:02:41 |
  2. 風庫~カゼクラ~

アニメ夏目友人帳第2話 「露神の祠」

アニメ夏目友人帳 発言者:→宵里、→春女です。 「夏目より、にゃん
  1. 2008/07/20(日) 23:25:44 |
  2. kasumidokiの日記

FC2カウンター

プロフィール

MEIYARS放送局

Author:MEIYARS放送局
MEIYARS放送局のブログ
活動状況やその他雑記
主にアニメ・コミック・ゲーム等

MEIYARS放送局へはこちらからどうぞ



SEO対策

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。