MEIYARS放送局短信

MEIYARS放送局のブログ。活動状況やその他雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

恋姫†無双 第四席

趙雲…アニメ版ではガチ百合か?
馬超をからかっただけで実は何もしていないような気もするが、何かしたのならこっそりと教えて欲しい。(笑)

前回、袁紹の領地に賊退治に来ていた曹操。
賊退治なんかよりずっと良い仕事をしてくれます。
「随分汗をおかきになってますわ。すぐにお拭きしますね」
「ええ。但し手拭ではなく、桂花、あなたの舌でね」
これまでの趙雲がかすんでしまうほどのガチ百合っぷりですよ?(笑)
良いのか、ローカル深夜とはいえこんなの。

賊をひっ捕らえて街中を移動する曹操軍。
そこに荷物運びの仕事を終えて通りかかる張飛と馬超。
実は曹操は馬超の父の仇。
思いもかけず父の仇に出くわし、馬超は感情のままに曹操に斬りかかる。
が、張飛が止めに入ったところを兵士に囲まれ、逆に捕らえられてしまう。

その話を聞いた関羽は、馬超を助けてもらおうと、曹操のもとに出向く。
曹操による関羽攻略ルートが進行。
案の定、一晩閨をともにすれば馬超の命を助けるという条件を出す。
序盤にあんなシーンを披露してくれただけに、期待しちゃうよー?
と思ったら、曹操の命を狙う刺客が乱入して何か有耶無耶に。
まったく、空気読め、刺客。

刺客から曹操を守った関羽への褒美ということで、馬超は解放されることに。
その際に夏侯惇の口から馬超の父の死の真相が語られる。
それを信じられない馬超が夏侯惇に突っ掛かったりするが、最後は丸く収まる。
冒頭の馬超の夢はここに繋がってたのね。

このまま馬超も旅の仲間に加わるのかと思ったら、故郷に帰るために別れちゃいました。
いずれ再合流しそうな気もするが。
とりあえず3人パーティー継続。
次回は董卓が出て来るみたいです。
賈駆も一緒に出て来るのかな?

※「賈駆」は誤字ではなく『恋姫†無双』表記

(MEIYA)

スポンサーサイト

テーマ:恋姫†無双 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/31(木) 02:52:47|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:7
  4. | コメント:0

ウルトラマン物語(ストーリー)

OVA『ウルトラマン物語(ストーリー)』を視聴。

タロウが少年期から青年期にかけて、修行を積み、

一人前の、そして最強のウルトラ戦士になっていくまでが描かれてます。


ゆくゆく、メビウスの教官としての逞しい姿があることを思うと楽しめました。

壮大なウルトラ・サーガの一端を担ってますな。





TBSチャンネルではメビウスがいよいよ最終三部作。

更に、映画館で大号泣した『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』が放映。

ティッシュ抱えて見なければ。




(シュテル)


  1. 2008/07/31(木) 01:19:07|
  2. 特撮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我が家のお稲荷さま。 第17話

前回、鬼たちから逃げ出し、透のところに逃げてきたシロちゃん。
シロちゃんを連れて逃げる透。
ラブラブですなー。
アキ君曰く「愛の逃避行」はまさに的を射た表現。

スリジャヤワルダナプラコッテ。
よく言えました、透ちゃん。(笑)
スリランカの首都だっけ?
暇な時間に地図帳見てると覚えたくなる地名ですな。
あとンジャメナとか。
「しりとりで『ん』で終わっても続くんだぜ」
というのがお約束。

閑話休題。
アキ君の協力で鬼を撒いた透とシロちゃん。
バスに乗った2人を、クロネコタクシーに乗り込んで追うクーと、月読、汨羅。
その道中、シロちゃんの正体が月読の口から語られる。
ちなみに、後部座席に座っていたクーと月読はちゃんとシートベルトをしてましたね。
人間じゃないのに人間界のルールを遵守。
偉いぞ、2人とも。(笑)

で、透とシロちゃんは逃避行の途中で鬼に追い付かれたり、そこに六瓢ちゃんが通りかかって逃がしてくれたり、更にその後にクーたち3人が来て一悶着あったりと色々あって次回に続く。


今週の佐倉さん。
拝さんのところに泊めてもらおうと赤城高校に来た透と出会う。
透の後をついてきたシロちゃんを見て、
「シロちゃん? いや、確かに白いけど。名は体を表すって言うけど。
 でも『シロちゃん』っていうのはまんま過ぎない? 犬猫じゃあるまいし。」
高上家の人たちのネーミングセンスってそんなもんですよね。(笑)
直後、槐たちに発見され、逃げ出す羽目に。
今週はシロちゃんのネーミングにツッコミ入れるためだけに登場か?
この先きっと良いことあるさ。
がんばれ、佐倉さん。

(MEIYA)

テーマ:我が家のお稲荷さま - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/30(水) 02:14:14|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:6
  4. | コメント:0

コミックハイ! 8月号

○こどものじかん
扉絵がキャラの性別転換。
性別転換は最近の流行りなのか?
この前『ToLoveる』(アニメじゃなくて連載の方)でもリトが女になってたし。
あと同人だとキョン子か。
それはさておき、今回はサービス回ですか?(笑)
りんも宝院先生も何をやっているのか、まったく。
けしからん、もっとやれ。(笑)
最後だけ、ちょっとシリアス展開を匂わせる感じで青木先生がレイジに会いに行く。
次号、修羅場か?


○ぶらこんッ!?
いとうえいの新シリーズ連載。
弟大好きなお姉ちゃんと、お姉ちゃん大好きな弟のお話。
いとうえいの作品は、これまで成年コミックしか読んだことがない。
全年齢も描いているということは知ってたけど。
「ああ、18禁じゃないとここで踏み止まるんだな」
とかいう風に思う、汚れた大人になっちまいました。(笑)
いや、面白かったけどね。


○ひとひら
いやー、川崎さん良いね。
こんだけ出番長くて台詞が多かったのって、今回が初めてか?
今まで目立ったところがなかったけど、今回で川崎さんが好きになりました。
川崎さんに話を聞いてもらって麦は落ち着いた模様。
甲斐ときょーちゃんの方も丸く収まったようで、今回の合宿もめでたく問題解決か。
約1名を除いて。
途中リタイアの部長はどうなるの、ってところで次号へ続く。



ところで、どうでも良いが、今回取り上げた作品は全部タイトルが平仮名だな。
ホント、どうでも良い。(笑)

(MEIYA)

テーマ:マンガ雑誌(マイナー誌) - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/28(月) 02:46:41|
  2. 雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恋姫†無双 第三席

PCゲームの第2弾、『真・恋姫†無双』発売決定らしいですよ。
今冬発売予定…ってことは、年明けくらいかな?
勿論買いです。


ということで、今回のお話。
冒頭から袁紹の入浴シーンが。
丁度入浴を終えたところに、袁紹の領内に逃げ込んだ賊を追ってきたという曹操が挨拶にやって来る。
挨拶に来たんだか、喧嘩売りに来たんだか、って感じの態度でしたが。
袁紹、文醜、顔良の3人コントはアニメ版でも健在の様子。

袁紹の元を辞し、夏侯惇を従えて自軍に戻る曹操は関羽たち三人と出会う。
関羽に興味を示す曹操。
まあ何と言うか、このアニメは関羽総受けってことで良いんですかね?(笑)
前回も関羽は趙雲に遊ばれてたし、そのうち張遼も出てきて関羽に迫るだろうし。
うん、そういうことにしておこう。

その日の宿代にも事欠き、給金の良い仕事ということで、なぜかメイドカフェで働く関羽たち3人。
世界観にマッチしてないとか、そんなとこには突っ込まないのが大人の対応というものでしょうな。
そういえば、ゲームでは主人公が君主で「ご主人様」と呼ばれてたが、アニメではいなくなってるから、こうでもしないと「ご主人様」という呼称は聞けないのか。

趙雲が「上手くやり過ぎではないか?」と関羽に言われるほどの接客を見せる一方、張飛は失敗を繰り返し、「宿に帰って大人しくしてろ」と言われてしまう。
何とかして金を稼ぎ、関羽を見返したい張飛。
宿に戻る途中で武闘会の立て札を見付け、参加を決める。
ちなみに、字が読めなかった張飛に内容を読んで聞かせ、ついでに優勝宣言をしたのは馬超。
今回のサブタイトルからして、この二人が優勝争いをしそうな気配か。
三国志演義でも、張飛と馬超が延々と一騎打ちする場面があるしな。

圧倒的強さで勝ち進む張飛と馬超。
予想通り決勝で当たり、激しい戦いを繰り広げるが、戦いの最中に二人の腹が鳴り中断。
そこで袁紹が「引き分け、二人優勝」の裁定を下し、試合終了。

試合後、優勝した二人を袁紹が召し抱えようとする。
それに対し、自分たちの居場所が奪われるのでは、と危機感を抱いた文醜と顔良が、「強く賢く美しく」を掲げる袁紹軍の将として相応しいか試験すべき、と進言するが、袁紹の意向で側近の座をかけて勝負をすることに。
勝負の内容が何かあれですが、最後のオチも何かあれでしたね。(笑)
張飛&馬超組は勝負を棄権し、文醜と顔良はめでたく袁紹の側近の座を守る。
張飛は馬超を連れて関羽と趙雲が待つ宿に帰り、ここで馬超も仲間に加わる…のかな。

今回、曹操は何しに出てきたんだろうと思ったら、次回が曹操の出番なんですね。
曹操も嫌いじゃないが、是非とも夏侯姉妹を前面に押し出して頂きたいと切望する。

(MEIYA)

テーマ:恋姫†無双 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/25(金) 01:52:17|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

Radio MEIYARS 第3回放送後記(梁沢(仮))

昨今、準構成員への降格がささやかれ始めた梁沢(仮)です。
降格とか、昇格とかというキーワードを聞くと血が沸き立ちます。
まぁ幼いころの(そんなに昔ではないが)経験によるものなので、しょうがないですね。、
若干、病んでる気がしますが。。。

by the way

前回に引き続き、第3回放送も欠席裁判というか、梁沢オンステージというか、単独パートを頂いたわけですがいかがでしたか?
聴き直してみると、かなり駄目駄目ですね。。。
でも、もしかしたらこの駄目さ具合がいいのかもしれない。
「グダグダな梁沢(仮)が良い!」という奇特な方がいればコメントを!!!
それが、正構成員残留を決めるかも?

皆様よろしくお願いいたします。

(梁沢(仮))
  1. 2008/07/25(金) 00:54:00|
  2. MEIYARS放送局
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Radio MEIYARS 第3回放送後記(MEIYA)

最近、WEB拍手やブログ拍手を頂けるようになりました。
ありがとうございます。
皆さんからの応援は我々の活力です。
今後とも宜しくお願い致します。


ということで第3回放送後記。
この回のUP作業をした時に自分でも聴いたんですが、そしたらもう一度『H2』を読みたくなって、(収録準備として)他に読むべき作品があったにも関わらず、読み直してしまいました。
柳親子の会話が結構好きです。

「1回戦で負けるかもしれない」
「30対0でか? 構わん、胸張って帰って来い」

とか。

改めて読み返してみると、結構気の利いた会話が随所にあると思います。

番組中でも同じこと言ってますが、これまでに私が読んだあだち充作品の中では、やっぱり『H2』がトップ1かなぁ。
現在サンデーで連載中の『クロスゲーム』にも期待してます。


梁沢?
「正構成員として(仮)」ですか?(笑)


※Radio MEIYARS へはこちらからどうぞ

(MEIYA)
  1. 2008/07/24(木) 01:16:53|
  2. MEIYARS放送局
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラマンメビウス 第45話

『デスレムのたくらみ』

この話はですねー…

号泣しますよ…www


人間の愚かさ、醜さといった面もぜーんぶひっくるめて、
私達は人間を守るんだという歴代ウルトラ戦士達の揺るぎない想い。

それに触れ、泣きました…
(バーベキューに行く前にw)


薄れてきている現代人の中の「他人」を思いやる心。
それを「他の星」からやってきた「異星人」であるウルトラマンが教えてくれます。

脚本・太田愛さん

最高っす。



(シュテル)
  1. 2008/07/24(木) 00:40:57|
  2. 特撮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我が家のお稲荷さま。 第16話

シロちゃんを鬼たちに返して片が付いたはずだったのに、シロちゃんは透のところに逃げ出してくる。
まだシロちゃん絡みの話は続くんですね、というのが話の筋だが、それはどうでも良い。

今週の佐倉さん。
昼休みに昇のクラスを訪れると、昇はメガネをかけて携帯と睨めっこ。
「やーねー、高上、メガネも似合うじゃない。今朝はコンタクトする暇もなかったのかなー?
 そりゃあ、美少女二人と同居だもん、朝から落ち着かないわよね」
と想像するのは、新妻の如く昇を起こすコウや、裸Yシャツの(女)クー。
そんなマンガやゲームのお約束のような場面を思い浮かべる佐倉さん、嫌いじゃないよ。
「部活は早く終わるじゃない? もし良かったらさぁ…」
と帰りの約束をしようと話しかける佐倉さんをよそに、昇は携帯をいじりながら
「どっちを選ぶべきか…」
と呟く。

ここから佐倉さんのターン!
クーとコウの「どっちを選ぶべきか」と言っているものと勘違い。
ずっと携帯をいじっているのは、2人とデートの約束をしてダブルブッキングしてしまったためと思い込む。
「よし、両方行こう! 別にどっちかだけって決まりはないんだし」
と決めた昇に一喝。
「高上、二股は良くない!」
ここで佐倉さんのターン終了。

昇が携帯で見ていたのはスーパーのセールの情報で、2軒のスーパーのどっちに行こうか迷っていたけど、2軒梯子することにしたというオチでした。

がんばれ佐倉さん。
私は佐倉さんを応援しています。

(MEIYA)

テーマ:我が家のお稲荷さま - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/23(水) 01:09:54|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

Radio MEIYARS 第3回放送後記(シュテル)

はい、というわけで第3回目です。
この回で、梁沢の「遅刻キャラ」が確立されましたw

この収録前に「H2」をしっかり読んでみたわけですが、
改めて、あだち作品の素晴らしさがわかりました。

自分の子供に安心して読ませることができる作品。読ませたい作品であります。

これぞ「少年誌に載せるべき漫画」です。

梁沢?

「準構成員に降格すべき正構成員」ですか?w



(シュテル)
  1. 2008/07/22(火) 09:16:11|
  2. MEIYARS放送局
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

百合姫 VOL.13

○ストロベリーシェイクSweet
ついにというか、ようやくというか、くっついた樹里亜と蘭。
それをしって取り乱す苦労人ツッコミスト冴木さん。
2人を呼び出し、事情聴取&説教。
そこに乱入するZLAYリョウとその他のメンバー。
旅行先でたまたま出演したZLAYのライブが話題になり、ZLAYのPVへの出演オファーが。
2人仲良く一気に仕事が増えて良かったね、というところで、蘭に一本の電話が入る。
この電話が波乱を呼ぶのか…というところで次号へ続く。


○嘘つきエンゲージ
ななおが進路のことで悩み、松本先生とは思いがすれ違い、これからどうなるの?
というのが話の筋なんだが、今回の見せ場はそんなところではない。
松本先生が指にケーキのクリーム付けて、ななおに舐めさせるシーンが!
今回の話は…、いや、今号の百合姫はこれに尽きる。
百合好きな人はきっとこれだけで御飯3杯はいけます。
能書きはいい、見ればわかる。


(MEIYA)

テーマ:マンガ雑誌(マイナー誌) - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/22(火) 03:19:42|
  2. 雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏目友人帳 第三話

ニャンコ先生が酔っ払ってらっしゃる。(笑)
しかも「土産」とか言ってカエル咥えて。

それはさておき、翌日、夏目のところに二匹の妖怪が訪ねてくる。
名前を返してもらいに…ではなく、妖怪退治をする人間がいて困っているので、夏目に助けて欲しいと。
どうにか夏目に力を貸してもらおうと必死な彼ら。
学校の送り迎えをしたり、体育の時間に応援したり。
妙にハイテンションなのは何故なのか。(笑)
しつこく纏わりつかれて根負けし、力を貸すことに。

案内されて行った場所で妖怪たちに襲われる夏目。
「小者ばかりだ。それくらい自分で払えるようになれ。そろそろ脳を吸われるぞ。OH!NO!」
って、先生。(笑)

妖怪退治人の正体は、八ツ原に新しく来た寺の住職だった。
住職自身は見えないが、その手のものに敏感な息子のために辺りのお清めをしていた。
「この辺りの妖怪はそんな悪いことはしないと思うので程々にしてやって下さい」
ということで話はついた。

今回の騒ぎに巻き込まれながら子供の頃のことを思い出し、
「妖怪も寂しいのは同じなんだ」
とか、夏目の家の前にお礼と思しき魚や野菜を置いてそそくさと去ってゆく二匹の妖怪を見送りながら、
「たまになら相談に乗ってやっても良いかもしれない」
という夏目のセリフがとても微笑ましく思えました。


ところで、番組の合間、LaLaのCMでやってた応募者全員サービスのニャンコ先生ぬいぐるみはちょっと欲しいかもしれない。

(MEIYA)

テーマ:夏目友人帳 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/22(火) 02:20:52|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

夏コミサークル参加します

夏コミカタログが発売されましたね。
ということで、夏コミにサークル参加するのでお知らせします。

8/16(土) 西-よ39a
サークル名:MEIYARS

現在、夏コミに向けて鋭意収録作業中です。

Radio MEIYARS 2008 Summer Special

として、何人かのゲストを向かえ、それぞれテーマトークをお送りする予定です。
詳細は夏コミ直前にまたお知らせします。

(MEIYA)
  1. 2008/07/20(日) 23:54:53|
  2. MEIYARS放送局
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恋姫†無双 第二席

関羽と張飛の二人旅。
とある城門をくぐったところで、門番に呼び止められる。
「黒髪の山賊狩り」が近くに来ていると聞き、声を掛けたとのこと。
「黒髪の綺麗な、絶世の美女とのことだったので、危うく見過ごすところでした」
とか言ってるが、これはこの作品でのお約束になるんですかね。
関羽は充分に美(少)女だと思うんだが。

二人は太守の公孫賛の元に通され、客将の趙雲と出会う。

「関羽殿、年の割りに、随分大きな娘をお持ちですな」
「違います。鈴々は私の娘ではなく、姉妹の契りを交わした仲でして」
「ほう、姉妹の契り。では、どちらが攻めでどちらが受けですかな?」

まったく何を考えとるのか、趙雲は。
だが、それが良い。(笑)

話の流れで、関羽と趙雲は付近を荒らしている山賊退治に向かうことに。
賊の隠れ処がわからないので、偽の隊商を仕立てて荷物に潜んで賊に襲わせ、荷物ごと賊の隠れ処に運ばせるという策。

「この中に二人で入るとなると、相当体をくっつけないと」
「心配するな。私はその気がなくもないので、むしろ大歓迎だ」

関羽、趙雲に遊ばれてます。
道中、箱の中で何があったかは御想像にお任せしますってことで良いんですよね?
流石趙雲、良い仕事をしてくれます。(笑)

首尾よく賊の隠れ処に忍び込んだ二人は、窮地に陥りつつも賊を全て成敗。
公孫賛の出番もついでに成敗。(笑)
嗚呼、アニメでも影の薄い公孫賛。
原作ゲームではいつの間にか袁紹にやられて消えていたキャラだが、アニメではもう少し活躍させてやって欲しいと個人的には思います。
嫌いじゃないので。

ところで、どうでも良いんだが、趙雲の槍がロンギヌスの槍に見えてしまうのは私だけか?


※人名で『三国志演義』と異なる表記がありますが、『恋姫†無双』での表記に即しているためです。

(MEIYA)

テーマ:恋姫†無双 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/19(土) 05:49:20|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:0

コミックエール! VOL.7

今月からエール連載作品のコミックスが刊行されるようです。
そんな訳で、7、8月発売のコミックスの告知が載ってます。
『溺れるようにできている。』のカットは佳織が艶っぽすぎると思うのです。
本屋でこの表紙が平積みされてたら、思わず買ってしまいそうですよ?

それはさておき、『純真ミラクル100%』。
新キャラ二宮登場。
所長の依頼で、モクソンのプロデューサーに付く。
これが結構な曲者っぽい。
事務所と所長の悪口言われてモクソンは御機嫌斜め。
モクソンに付いてる事務所の2人ともども、ぐったりしてます。

所長も武市が入り浸っているせいで御機嫌斜め。
でも満更でもなさそうな一面も見て取れる。

そして工藤さん。
この人もこの人で悩みが尽きない。

いやぁ、泥沼ですね。(笑)
ほぼ一方通行だから入り組んでドロドロにはならなそうだけど。
私としては、オクソンがこれらの人間関係に巻き込まれず傍観者を決め込み、ここぞというところでモクソンを浮上させる、というような展開を期待したい。

(MEIYA)

テーマ:マンガ雑誌(マイナー誌) - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/18(金) 01:57:53|
  2. 雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我が家のお稲荷さま。 第15話

前回からの続き。
さらわれた昇を助けるため、クーは教会に出向く。
クーを探しに来たらしい鬼の一味と鉢合わせ、騙して術で昏倒させる。
そして、昇を探すのに、電話をかけてみることを思い付くクー。
前回の伏線がここで活きました。(笑)
教会で電話をかけてみたら、シスターが持ってた電話が鳴り、シスターは逃げ出す。
予想通りというか何というか、教会に呼ぶんだから教会の奴が黒幕か。

その頃、家に残った透は庭で素振り中。
それを眺めるシロちゃん。
さらにクーに頼まれてそれを陰から見守る狛犬×2。
さらにさらにそれを水晶玉(?)で覗く金髪少年とメガネっ娘。
さあ、色々と入り組んできました。

ここから各勢力入り乱れてバトルに突入か、と思いきや、何か穏便に収まってしまいました。
シロちゃんの正体が明かされ、鬼たちのもとに返すということで合意。
シロちゃんを車に乗せた鬼たちが去っておしまい。

でも、透は全く納得してないみたいだし、金髪少年とメガネっ娘も意味深な会話してたし、この話は来週も続くらしいですよ?


というところで、今回の名言。
「力など持たなくとも、今はインターネットがありますわ!」
今や鬼もインターネットを使う時代。(笑)

それと余談だが、あんな素振りじゃ何回やってもダメだよ、透ちゃん。(笑)

(MEIYA)

テーマ:我が家のお稲荷さま - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/17(木) 03:42:32|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

夏目友人帳 第二話

友人帳の名前を返そうと決意した夏目のところには、友人帳目当てで二種類の妖怪が訪れるようになっていた。
名前を書かれた妖怪を子分にしようとする妖怪と、名前を返してもらおうという妖怪。

そんな中、露神という妖怪が名前を返して欲しいとやってくる。
早速名前を返そうとする夏目。
が、露神の名前を書いた頁が次の頁とくっついてしまっていて、名前を返すことができない。
そこで、次の頁に名前を書かれた妖怪と一緒に返せばいいじゃないか、ということになり、その妖怪を探すことに。

両者に名前を返してめでたしめでたし、というところだが、それはそれ。
露神とハナさんのエピソードですよ、今回の肝は。
露神を信仰した最後の一人、ハナさんと、ハナさんが死んだ後に消えてゆく露神。
まことに切ない。
下手に妖怪退治とかバトルとかにしないで、こういう心にくるエピソードを毎回期待したいものです。

あと気にかかったのは、冒頭でやってた旧校舎利用の署名。
いずれ、旧校舎で肝試しをやる回があり、そこから笹田さんが巻き込まれていくと読んでいるんだが、どうだろう?

(MEIYA)

テーマ:夏目友人帳 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/16(水) 03:32:41|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:6
  4. | コメント:0

Radio MEIYARS 第3回UP

Radio MEIYARS 第3回をUPしました。

第3回は

あだち充作品

をテーマにお送りします。

今回も梁沢(仮)は収録欠席なので、単独パートを追加してあります。

(MEIYA)
  1. 2008/07/14(月) 02:17:28|
  2. MEIYARS放送局
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ToLoveる 第15話

ララたちがプールで遊んでいるところにザスティンが飛び込んでくる。
プールにいる生徒の男女比が偏っているのは仕様ですか?(笑)
(どちらに偏っているかは敢えて言及しない)

ザスティンはララに公務につくように告げる。
デビルークの同盟国のカーター王子が地球に来ることになり、ララがその出迎えに、リトとなぜか春菜もララのお付きとして巻き込まれる。

カーター王子が地球に来たのは狩りのためで、宇宙一の狩人の称号を得るとか何とか。
その「宇宙一」という言葉に釣られ、リトたちも狩りに同行することに。

で、銀河コングとかいうキングコングもどきに春菜が連れ去られたり、リトが原住民(?)のアマゾネスの婿にされそうになったりと、いつもながらの色気交じりのドタバタが繰り広げられる。
最後は、どうやったのか知らないが、コングを手懐けた春菜が美味しいところを持っていきました。
ついでに宇宙一の称号も。

今回は春菜の見せ場でしたかね。
ララはアマゾネスに捕まったリトを助けに入るが、途中で取り押さえられちゃうし。
カーター王子は狩りの話を持ってきて、あとは最後に春菜に優勝カップらしきものを渡しただけだし。

ここ何話かで春菜がメインヒロインに定着しつつあるような気がするなぁ。

(MEIYA)

テーマ:To LOVEる -とらぶる- - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/11(金) 03:13:04|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

恋姫†無双 第一席

アニメ化するにあたり、ゲームでの主人公(一刀)がいなくなり、関羽が主人公に。
関羽と張飛を軸に話が進むようだ。
そりゃあなあ、あのゲームをそのままアニメ化しようと思ったら、アダルトアニメにするしかないしなぁ。(笑)
第1話を見終わった印象から言うと、意外に悪くなさそうな感じ。
このまま続けて見ることにしよう。

ということで今回のお話。
どうすれば世の中を変えられるかを探す旅をしている関羽。
立ち寄った村で山賊の真似事をして暴れている張飛と成り行きで戦うことに。
張飛の子分を蹴散らし、張飛の住む小屋へ。
日が暮れるまで延々と戦い続けるが、関羽に説教(?)された張飛が泣き出して勝負あり。

その後の張飛のデレっぷりが。(笑)
「うちに泊まっていくといいのだ」と言ったり、一緒に風呂に入ったり、一緒に寝たり、果ては「今日から関羽は鈴々のお姉ちゃんなのだ」と言い出す。
そして姉妹になった2人がまた旅に出る。
これから2人が旅先で色々なキャラと出会って、色々な出来事に巻き込まれるというお話になりそうですな。
とりあえず次回は趙雲が登場するみたいです。

(MEIYA)

テーマ:恋姫†無双 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/11(金) 00:12:41|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

REX 8月号

今号のREXからは、先生の活躍を取り上げたい。
教員の汚職がニュースになった今日この頃だが、教師とは斯くあるべしと。
・・・ごめん、嘘。
たまたまです。


○かんなぎ
文化祭でのミニライブを巡り、ナギ様VSざんげちゃん人気投票。
投票までの期間で双方選挙活動。
地味な活動のナギに対し、あざとさ爆発のざんげちゃん。
その結果、ざんげちゃんに釣られた男子票と、それに反感を持った女子票がバッサリ割れ、同数ということに。
どうなるのかと思いきや、ここでちょっと待ったコール。
投票日に風邪でいなかった涼城先生がナギに投票し、ナギ様勝利。
文化祭ミニライブはナギ様が主役に決定。
ええ、涼城先生は見事に教師の力を示してくれたと思います。(笑)


○える・えるシスター
ずっとねね子先生のターン!(笑)
ねね子先生の研究室を訪ねたふたば。
研究室にあるねね子先生の数々の発明品を披露される。
まあ何て言うか、ネタばっかりで実用性に欠けるものばかりでしたが。
ふたばを拘束していたロープが最も使えそうな発明品でしたな。
最後に、「背が小さくなる薬」の存在をちらつかされ、葛藤するふたばだったが・・・。
誤解を詫びる為に来たはずなのに、かえって先生との溝が深まってしまいましたとさ。


(MEIYA)

テーマ:マンガ雑誌(マイナー誌) - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/10(木) 01:07:20|
  2. 雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏目友人帳 第一話

見えないものを見てしまう力を持った夏目。
冒頭から妖怪に追い掛け回されてます。
どうにか神社に逃げ込むものの、注連縄に足を引っ掛けて、結界を破ってしまう。
そこでおどろおどろしい気配とともに解き放たれたのは招き猫。
その招き猫に祖母・夏目レイコの友人帳の存在を知らされる。

夏目と同じく見えないものを見る力を持っていた祖母は、妖怪たちに勝負を挑み、全戦全勝。
負かした相手に、子分となる証として紙に名前を書かせ、それを綴りにしたのが友人帳だという。
友人帳を持つ者に名を呼ばれると、逆らうことが出来ないと言われている。
友人帳に名前を書かれた妖怪は取り返したいし、友人帳を手に入れれば妖怪を従えることが出来るというので、それを狙って妖怪たちが襲ってくる。

ニャンコ先生(←招き猫の自己申告により呼称決定)に友人帳の話を聞かされた夏目は、妖怪たちに名前を返す決意をする。

というところで、冒頭で襲ってきた妖怪に名前を返して第一話終了。
それはめでたしめでたしで良いと思うんだが、ニャンコ先生に噛まれた方はどうなったんでしょうね。(笑)

(MEIYA)

テーマ:夏目友人帳 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/09(水) 02:42:32|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:0

我が家のお稲荷さま。 第14話

ネコの宅配便とやらで透宛に荷物が届く。
文字通りネコが運んできたのに、それを軽くスルーするところがさすがコウ。
(しかも、後で昇に訊かれて「普通のネコさんでした」と答える)
その荷物を開けてみてびっくり。
入っていたのは呪符で巻かれた少女。
高上家家族会議が開かれるも、「シロちゃん」と命名した以外に対応は決まらず、翌日に。

翌日、昇とコウが帰宅するとシロちゃんが目を覚ましている。
昇とコウが話しかけても何の反応もなかったのに、遅れて帰宅した透には非常に懐いている様子。
ということで、シロちゃんの世話係に任命される。

場面変わってシロちゃんの本来の受け取り主らしい黒幕っぽい連中が登場。
こいつらが絡んできて一悶着ありそうな気配。

早速学校帰りの昇に手を出してくる。
校舎裏に呼び出されて攫われてしまう昇。
あんな手紙に引っ掛かってのこのこ行っちゃうから・・・。(笑)
その夜、昇を攫った連中からクーに、昇とシロちゃんを交換する取引が持ちかけられ、次回へ続く。

最後は相変わらず報われない佐倉さん。
一緒に帰る約束してたのにね。
私は佐倉さんを応援してます。(笑)

(MEIYA)

テーマ:我が家のお稲荷さま - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/08(火) 02:29:22|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:6
  4. | コメント:0

Radio MEIYARS 次回予告

Radio MEIYARS 第3回は、

あだち充作品

をテーマにお送りします。

更新は来週の土曜~日曜(7/12~13)あたりを予定しています。
お楽しみに。

なお、現在公開中の第2回音声ファイルは、第3回分と入れ替えで削除します。
まだ聴いていない方はお早めにどうぞ。

(MEIYA)
  1. 2008/07/05(土) 01:55:31|
  2. MEIYARS放送局
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ToLoveる 第14話

ララの父親であるデビルーク王に「宇宙一の男になれ」と言われ、リトは悩む。
ノートに「宇宙一の漢」と書いているところは評価したい。(笑)
最近の若者は「漢」と書いて「おとこ」と、なかなか読めませんからなぁ。

宇宙一の男になる為に何をしていいか分からず、とりあえず走ってみるリト。
その途中に立ち寄った公園で、犬の散歩に来ていた春菜に遭遇。
「変わらなきゃいけないって思ったんだ」と言うリトに「応援する」という春菜。
以後、毎朝公園で会うことに。

さあ、春菜ルートに入りましたよー。
日曜日には弁当まで作ってくれるという尽くしっぷり。
さらに、小川に落ちた春菜の飼い犬を助けるというイベントまで。
水に濡れてしまったリトに
「うちすぐそこだから」
ときたら、もう完全にフラグじゃないですか。
あれですね、PCゲームだったらいつBGMが「そのシーン用」のに変わるのかと。(笑)
どうせフラグクラッシャー・ララが現れて寸止めで終わるんだろうなぁと思っていたら、フラグをへし折ったのは春菜のお姉ちゃんでした。
今回はララの影が薄かった気がします。

(MEIYA)

テーマ:To LOVEる -とらぶる- - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/04(金) 02:31:15|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今期のアニメ

7月になりました。
もう夏です。
そして期変わりです。
ということで、今期のアニメ番組。
MEIYAがチェックしようと思っているもの。

まずは新番組から。

・西洋骨董洋菓子店
・ひだまりスケッチ×365
・薬師寺涼子の怪奇事件簿
・夏目友人帳
・恋姫無双

『ひだまりスケッチ』は前シリーズが好きだったし、鉄板でしょう。
『夏目友人帳』はLaLa連載作のアニメ化。
LaLaでは『会長はメイド様』がアニメ化されるのを今か今かと待っているのですが、なかなか来ないですねぇ。
そして一番の注目は『恋姫無双』。
あのゲームをどうやってアニメにするんだろう、というのが不安&疑問7割に楽しみが3割。
良い方にいってもらいたいけどね。


あとは、前期からの引き続きで、

・ToLoveる
・マクロスF
・絶対可憐チルドレン

というところですかね。


(MEIYA)

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/02(水) 01:08:10|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンプエース 8月号

○君が主で執事が俺で
揚羽様が久遠寺家に殴り込み。
クオンジ・フラッグを申し込む。
森羅様がいないのに朱子が勝手に受けて立つ。
はじまったら森羅様もやる気でしたが。
大佐の審判でクオンジ・フラッグ開始。
しかし、森羅をかばった朱子が負傷したため、何か有耶無耶のうちに終わってしまった模様。
森羅専属の朱子が負傷してしまって森羅の専属はどうしよう?
レンがいるじゃない、ということで次号へ続く。


○プリズマ☆イリヤ
今回はメイドの回。
それ以外の何物でもなし。
熱のため学校お休みのイリヤ。
暇を持て余して美遊に電話したら、美遊がメイド服を着ててイリヤ暴走。
美遊を部屋に呼びつけて襲う。(笑)
彼女は読者の思いを存分に汲み取ってくれた。
そう理解している。
最後には、美遊のメイド服姿を見たセラが、
「これが本来の姿なのです」
と言ってメイド服を着、見舞いに来たイリヤの友人に
(今日はメイドデーだったのかー)
と思われて終わる。

(MEIYA)

テーマ:マンガ雑誌(マイナー誌) - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/02(水) 00:40:44|
  2. 雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

プロフィール

MEIYARS放送局

Author:MEIYARS放送局
MEIYARS放送局のブログ
活動状況やその他雑記
主にアニメ・コミック・ゲーム等

MEIYARS放送局へはこちらからどうぞ



SEO対策

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。